接客のバイトで必要なスキル・接客のコツ

お中元のバイトやお歳暮あど、百貨店やデパートでの仕事は主に「接客(せっきゃく)」の業務が中心になります。

 

21世紀になってから特に、第三次産業という形で、サービス業が発達し、それに伴い、接客業に携わる人も増えてきました。また、接客業のアルバイトを、社会人になってから行うというよりも、大学生の間に社会を知っておくという意味で、体験している人が多い世の中です。

 

その主な理由として、接客業には、ビジネスに関係することを身につけやすい、ということがあげられます。現代では、どんなビジネスに関わる人でも、コミュニケーション能力は必須条件となっています。そのため、仕事のときだけでなく、面接の時でさえも、コミュニケーション能力が測られる時代となりました。これらに加え、接客業のアルバイトを行うことで、コミュニケーション能力が身につくだけでなく、お客様との話し方や敬語の使い方、電話の取り方まで身につくことが、知られるようになりました。

 

しかし、このようなビジネスの基本を身につけるには、多岐にわたる接客業の中から、しっかり選ばなければなりません。その選ぶポイントとしては、コンビニエンスストアなどの店員が受け身であるお店よりも、少しノルマがありそうなアパレル業界の方が、ビジネスに役立つ能力は身につきやすいです。

 

コンビニエンスストアでは、一人のお客様と接する時間が少ないので、どうしても自分の接客が良かったのかを反省しにくいのです。逆に、アパレル業界の方は、商品を売るためにしっかり説明しないと、買ってもらえないことの方が多いので、自分の接客を見つめ直すことができるのです。その結果、社会に出て営業の仕事についた時に、アパレル業界での接客経験を活かすことができるのです。

 

最後に、接客業のコツですが、ご来店されたお客様の話をしっかり伺い、どうしたいのかを知る、もしくは気づくことが一番のコツです。お客様によっては、あまり店員に話しかけてほしくないという人も多いため、ご来店されたお客様の様子を見ながら、店員を探しているな、という時だけ声をかけたり、今回は何も買われなくても、次回のご来店のために一言だけ話しておくなど、お客様に合わせた対応を臨機応変にしていくことです。
こういった接客ができるようになった頃には、スタッフにもお客様にも信頼されているでしょうし、ビジネスの基本である、コミュニケーション能力や電話の取り方なども上手になっているはずです。

 

もし、さらにコミュニケーション能力を伸ばしたいなら、積極的にお客様に声をかけていくことで、お客様がどう反応するのかを学んだり、世の中にはいろいろな人がいる、ということを知ることです。その経験や積み重ねが、社会に出た時に役に立つものとなっているはずです。

ページの先頭へ戻る